JSA 公益社団法人 日本脳卒中協会 The Japan Stroke Association Boehringer Ingelheim

Q2.脳梗塞予防の重要性を理解されているとお思いですか

A

一回、脳梗塞を起こした方は、恐怖体験がありますから、ある程度はご理解いただいていると思いますが、問題はですね、脳梗塞再発予防のために従来の経口抗凝固薬を飲んでも短期間にはメリットがない。

例えば痛いのがとれるわけではないし、マヒした手が動くわけでもないので、飲み続けても何のメリットもない。時々、鼻血が出たり、歯ぐきから血が出たり、打つとちょっとアザが出てきたりして副作用だけが出てしまうところがあるんですね。で、お薬をやめてしまって脳梗塞を再発して、その時に初めて経口抗凝固薬のありがたみがわかる。脳梗塞を起こしてからありがたみがわかるから大変なんですね。ですからなにしろ「飲んでください」と。

但し残念なことに脳梗塞で再発した方の4割くらいが、そういう再発予防のお薬を途中でやめた方なんですよ。そういう方はしっかりお薬を飲んでいれば再発しなかったのになぁというのがありまして、ある程度わかっておられて飲んでいるんだけども、どこかで中止になって再発して、しまった!という世界があるんです。いわんや一回も脳梗塞を起こしていない方は、「心房細動でワルファリンというお薬を飲まなくちゃダメですよ」と言っても簡単にご理解いただけないのが現状だと思っています。